2017年10月22日

スマホ広告の削除方法

スマートフォンでseesaaブログを見る際に表示される広告を削除する方法。
デザイン→スマートフォ→コンテンツ
ヘッダー内へ自由形式を追加
下記のタグコードを追加する。

<script type="text/javascript"><!--
var org_write = document.write;
document.write = function write(arg) {
if(arg.search("sc" + "ript") == -1){
org_write.apply(document, arguments);
}
};
//-->
</script>

ついでにスマホでPC版を見るとき現れる「スマートフォン専用ページを表示」を消す。
デザイン→PC→デザイン設定のCSSに追加
#iphone-link {display: none !important;}

posted by ガンさん | Comment(0) | ブログ |

2016年10月15日

よく使う顔文字

泣く・ダメ
(✖д✖)
(≧ヘ≦ )
(。>_<。)
(>Д<)
(;Д;)
(TДT)

焦り・汗
^^;
(^-^;)
(゚_゚i)タラー
(;゚∇゚)
( ̄Д ̄;
(;´Д`

笑う・嬉しい
(´^ω^`)
(^_^)ニコニコ
\(^▽^)/
(*^-^*)

謝る・スマン
<(_ _*)>
<(_ _)> ペコ
m(_ _)m スマン

怒る
(`×´) プンプン
(;`O´) コラー!
(`∧´) ムカ
posted by ガンさん | Comment(0) | ブログ |

2015年02月18日

フィードURLを自動検出

お気に入りのブログを購読するのにフィードは便利がいいけど、フィードのURLがわからないブログがあります。
そんな時には、↓のページからブログのURLを入れると自動検出してくれます。
http://berss.com/feed/Find.aspx
ブログやホームページに関連付けられているフィード(RSS・Atom) を検索できるWebサービスです。
posted by ガンさん | Comment(0) | ブログ |

2014年11月01日

Seesaaブログの最初の記事下のみ広告を表示

Seesaaブログの各ページの最初の記事下のみへ Googl アドセンス広告を自動表示させました。

理由として、
@記事ページの最上部に広告を付けるとキーワード検索のヒット率が下がりアクセスが減る
A記事ページの最下部は広告のクリック数が少ない
B全ての記事下に付けると、1ページ3広告以上になりGoogleの規約違反となる
Cサイドフレームに表示すると、記事の内容が無いタグページにまで表示されポリシー違反となる

最初の記事下のみへ表示させる方法
デザイン⇒コンテンツ⇒記事⇒コンテンツHTML編集
赤字の部分を挿入
<% /if -%>
<% if:__first__ %>
ここに広告コードを挿入
<% /if %>

<% if:blog.bookmark_service %>
posted by ガンさん | Comment(0) | ブログ |

2014年09月09日

AdSense の広告配信が停止された

Google からメールが届き AdSense の広告配信が停止されてしまった。
えらいこっちゃ がく〜(落胆した顔)
お小遣いが入らんようになるがな

メールを読むと、Seesaaブログのタグページにはコンテンツがなく、AdSense のプログラムポリシーに準拠していないので、ブログ全体の広告配信を停止したと言っている (このブログはアクセス数が少ないから、まだ見つかってないのか、未だに広告が表示されいます)

そこで、次のページを見てタグページと検索結果のページ (検索結果がゼロの場合はコンテンツが無いページとなるため) にはAdSenseの広告が出ないように設定しました
http://myweblogblog.seesaa.net/article/390732632.html

Seesaaブログのタグページと検索結果のページに AdSense を表示させない方法
(フレームの自由形式へ広告を入れている場合)

デザイン⇒HTML
<head> 〜 </head> の中に次のタグを挿入

<STYLE type="text/css">
<!--
<% if:page_name eq 'tag' -%>
.cond_hide {display: none;}
<% else -%>
<% if:page_name eq 'search' -%>
.cond_hide {display: none;}
<% /if %><% /if %>
-->
</STYLE>

デザイン⇒コンテンツ⇒自由形式⇒コンテンツHTML編集
次のタグを入れればOK

<div class="cond_hide">
<div class="side">
<% content.header -%>
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>
</div>
</div>

ページを直した後は、Google に対してポリシー違反の裁定に対するお申し立を行なったけど、これではダメでした。

タグや検索結果のページでは、 javascript の機能を停止させ、広告が表示されないようになるが、HTML には AdSense の広告用タグが残っているのでダメみたいです。
それとも、再審査を申請した時、変更内容の説明不足だったのかも?
posted by ガンさん | Comment(0) | ブログ |
1 2 次へ>>