2005年07月23日

よく使うコマンド

# mkdir test ディレクトリ(フォルダ)の作成
# rmdir test ディレクトリ削除
# touch test.txt ファイルの作成
# echo "This is a test" > test.txt ファイル作成(文字入り)
# rm test.txt ファイルの削除
# rm -r test ファイルがあるディレクトリの削除
# cp test.txt /abc/test.txt ファイルのコピー
# mv test.txt /abc/test.txtファイルの移動
# mv test.txt test1.txt ファイル名の変更

# pwd カレントディレクトリの表示
# cd /home 他のディレクトリへ移動
# ls -l ディレクトリ内のファイル一覧表示
# ls -al 同上 (隠しファイルも含めて表示)
# cat test.txt ファイルの内容を表示
# find /home -name "test" ファイルの検索

# chmod 755 test.cgi パーミッションの変更
# tar xvzf ****.tar.gz tarボールの解凍

タグ:コマンド


posted by ガンさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めてのLinux |

2005年07月21日

Linux テキストエディタの使い方

● viエディタ
# vi
キーボードの A キーを叩くと挿入(入力)モード
カーソルがないのでキーボードの ↓ ↑ を使用
Eec キーでコマンドモードに戻る
:w で上書き保存
:q で終了 (終了しない時は:q! で強制終了)
:wq で保存して終了

日本語で書かれたテキストは文字化けする
そこで、テキストエディタにて「~/.vimrc」ファイルに
set encoding=utf8
set fileencodings=iso-2022-jp,sjis,euc-jp
と記述しておくと自動判別してくれる。

● Emacs
# emacs
文字コードは、ShiftJIS なども自動的に判別して変換される
しかし、メニューなどが英語なので使いにくい
それを日本語化するパッチがあるようだか…
http://www.cc.rim.or.jp/~yaz/patch.html

● gedit (GNOMテキストエディタ)
# gedit
Gnomeの標準テキストエディタで Windows に慣れた者でも扱いやすい
文字コードは、デフォルトでシフトJISは文字化けする

そこで、X window からGNOM エディタを立ち上げ、
ファイル⇒開く⇒文字コード⇒追加と削除
左窓から日本語ShiftJISを選択し右へ追加しておく

しかし、自動検出しないのでファイルを開くときは、
ファイル⇒開く⇒文字コード⇒日本語ShiftJISを手動で選択し、ファイルを選んで開く

タグ:リナックス
posted by ガンさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めてのLinux |

2005年07月16日

WebDAVによるファイル共有

WebDAVを使ってLinuxとWindowsを共有させる方法

Linux側に共有フォルダを作成
# mkdir /var/www/dav
フォルダの所有者とグループをapacheに変更
# chown apache:apache /var/www/dav

httpd.confを設定
# gedit /etc/httpd/conf/httpd.conf

<IfModule mod_dav_fs.c>
# Location of the WebDAV lock database.
DAVLockDB /var/lib/dav/lockdb
Alias /dav /var/www/dav
<Location>
DAV on
</Location>
</IfModule>

apacheを再起動
# service httpd reload

WindosXPのマイネットワーク⇒ネットワークプレースの追加⇒次へ⇒次へ
ネットワークアドレスに次のアドレスを記載
http://(Linux側のIPアドレス)/div/
OK⇒次へ 適当な名前を付けてOK

マイネットワークを開くと、先ほど付けた名前が表示され共有できる
posted by ガンさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めてのLinux |

2005年06月04日

かな入力の変更方法

ワープロの頃から、かな入力に馴染んだオヤジには、ローマ字入力がデェフォルトの Fedora は隔靴掻痒でいらつく
Linuxを使うために、この歳でローマ字入力を習うのもなんだし…

そこで、Fedora Coer3 でキーボードをかな入力に変更する方法

端末を開きrootユーザーでログイン
$ su -

viエディタで default.canna を編集
# vi /etc/canna/default.canna

39行目 (行数は環境によって違うようです)
(setq romkana-table "default.cbp")
"default.cbp"を"kana.cbp"に変更

146行目から184行目を削除
(if use-symbolic-definition
から
))

再起動するとかな入力になる
ただし、これでは「を」と「ろ」が打てないのが問題
ただいま調査中

続きを読む
posted by ガンさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めてのLinux |

2005年05月16日

Linuxの電源が切れない

Fedora Core3をシャトダウンしようとすると、最後の行に
acpi_power_off called
の文字が出た状態で画面でストップし、自動的に電源が切れなくなった
仕方なく電源ボタンを長が押しして手動で切る
ネットで調べてみたら、同様の書き込みが多くあり、カーネルを変えれば直るとある
カーネルとは、OSの中核となる部分らしく、その意味すら知らなかった
早速、ダウンロードしてみるが、windowsにある自己解凍のexeファイルとは違って、解凍やインストールの方法すらわからない

あるとき、右下のタスクバーに!マークが出ていることに気付く
なんだこれは、windows Updat と同じようなものか?
案内どおりに進むと新しいカーネルがインストールできた

再起動すると、なんとカーネルが二つ (2-6-9と2-6-11) になり切り替えが出来る。バージョンアップではないのか‥‥
それより問題は、以前は何もしなければ windowsXP が立ち上がるようにしていたのに、今度はほおっておくと新しいカーネル vr:2-6-11 がデフォルトで起動するするように書き換わっている
どうやって戻せばよいものか、またもや宿題が出来たふらふら

続きを読む

タグ:Linux 電源
posted by ガンさん | Comment(0) | TrackBack(0) | 初めてのLinux |
1 2 次へ>>