2008年06月07日

WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

知人のパソコンが、:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMのファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsが起動できないので何とかしてほしいと依頼あり
何とかなるだろうと安請け合いしたが、苦労しました
問題は、WindowsがOEM版のため回復コンソールが使えない
その上、ハードディスクがシリアルATAのため knoppix (クノーピクス) でハードディスクを認識しない
仕方なく、シリアルATA用のハードディスクケースを買いに行き、次の方法で起動できました

壊れたPCからハードディスクを取り外し、もう一台のPCにUSBで接続。
[ツール]→[オプション]→「フォルダオプション」ウィンドウの「表示」タブ。 「全てのファイルとフォルダを表示する」を選択。
「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックをはずす。
壊れたPCのハードディスクを探して開く。

「System Volume Information」フォルダが表示され、このフォルダのプロパティを表示して、セキュリティタブを開き、今ログオンしているユーザがアクセスできるようにする。
このフォルダを開く。
「_restore{XXXXXXXX-XXXX-XXXX-…}」フォルダを開く。XXX…は英数字。
「RPXXX」フォルダのうち、一番新しい物を開く。XXXの部分は数字。どれが一番新しいかは、更新日時を表示して比べる。
「snapshot」フォルダを開く。
以下の5個のファイルをデスクトップなど適当な場所にコピーする。
_REGISTRY_MACHINE_SAM
_REGISTRY_MACHINE_SECURITY
_REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE
_REGISTRY_MACHINE_SYSTEM
_REGISTRY_USER_.DEFAULT
「System Volume Information」以下のフォルダは閉じていい。
先ほどコピーした5個のファイルの名前を、それぞれ以下のように変更する。
_REGISTRY_MACHINE_SAM → SAM
_REGISTRY_MACHINE_SECURITY → SECURITY
_REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE → SOFTWARE
_REGISTRY_MACHINE_SYSTEM → SYSTEM
_REGISTRY_USER_.DEFAULT → DEFAULT
壊れたPCのハードディスクの、「\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG」フォルダを開く。
既存のレジストリファイル(5個)を、名前を変更するなどして保存しておく。
先ほど名前を変更した5個のファイルを、このフォルダに移動する。
あとはハードディスクを元通りにすれば終わり。

これで起動できたが、インターネットがリンク先の新しいウィンドウが開かないし、起動のするたびにレジストリのエラーがでて、完全に直らない



posted by ガンさん | Comment(0) | winレスキュー |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: