2005年07月09日

ユーザー毎のホームページを公開できるよう設定

ユーザのディレクトリ内にpublic_htmlのディレクトリを作る
/home/ユーザー名/public_html

geditテキストエディタでhttpd.confを編集
$ su -
# gedit /etc/httpd/conf/httpd.conf

<IfModule mod_userdir.c > の行を検索
「UserDir disable」の先頭に #を付けて無効にする
# UserDir disable

「#UserDir public_html」の先頭の#を外して有効にする
UserDir public_html

その少し下の行の<Directory /home/*/public_html>セクション全ての行の先頭の「#」を取って外し有効にする

<Directory /home/*/public_html >
AllowOverride FileInfo AuthConfig Limit
Options MultiViews Indexes SymLinksIfOwnerMatch IncludesNoExec
<Limit GET POST OPTIONS >
Order allow,deny
Allow from all
</Limit>
<LimitExcept GET POST OPTIONS >
Order deny,allow
Deny from all
</LimitExcept >
</Direc >

以上で、httpd.confを保存して終了

SELinuxを有効にしている場合は、public_html以下のタイプが「httpd_user_content_t」である必要がある

# ls -Zd /home/ユーザ名/public_html
user_u:object_r:user_home_t ←変更前

# restorecon -R /home/ユーザ名/public_html

# ls -Zd /home/ユーザ名/public_html
system_u:object_r:httpd_user_content_t ←変更後

念のため各ディレクトリのパーミッションを調べアクセス権がなければ「755」に変更
chmod 755 /home/ユーザー名/

Apacheを再起動して変更を反映させる
# service httpd reload

ブラウザにアドレスを入れて確認
http://ホスト名/~ユーザ名



posted by ガンさん | Comment(0) | TrackBack(0) | Webサーバ構築 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック